いぬの看板

あの町角を曲がれば

いぬの看板<特別編・その9>

<特別編・その9/エピローグ>

 

N暗K太・著『ある探訪記のための習作』の文章はこれですべて公開し終えた。

子育てや帰省といった日常生活の風景に「犬の看板探し」という一見特異にも映る行為が、これほどまでに自然な形で組み込まれている様に感動を覚える。

「犬の看板探し」はもちろん一人でもできるが、ゲーム性を付与することも可能なので、何人かでやってみるのもいいだろう。

私はこのN暗K太氏を含めて色々な人とこの「犬の看板探し」を試みたが、一様にそのパートナーの方が私以上に熱くなり、夢中になるというケースばかりだった。

「何かを探す」という行動にはシンプルなロマンがあるし、「何かを見つける」という発見には常にみずみずしい喜びがある。

日常の中にその非日常的行為を取り入れることによって、今まで何気なく通って来たなじみの道も違うように見えてくるはずだ。

 

「ああ、日本のどこかに、私を待っている犬がいる」

 

<特別編>はこれにて終了。

次回からはまた市区町村名を添えた犬の看板画像だけをアップしていきます。

 

f:id:jet-shirei:20190614235019j:plain

いぬの看板<特別編・その8>

<特別編・その8>

(N暗K太・著/『ある探訪記のための習作』より)

 

f:id:jet-shirei:20190609135917j:plain

 

あとがき

 

実家には一週間ほど滞在した。

滞在中は、犬の看板探訪の他に父が育てている菊の苗をハウスから畑へ移動する植え替え作業を手伝った。その間、子供たちは土いじりや水遊びを楽しんだ。畑仕事の道具や機械、特にトラクターは座席の取り合いになるほど夢中になっていた。

県が紹介する福島市内の子供の遊び場もいくつか訪れた。新幹線に乗り、大好きな車での移動(僕は車を持っていない)、おじいちゃんと走って競争したり、おばあちゃんに絵本を読んでもらったり、普段とは違った世界で楽しそうな子供たちの表情を見て、ゴールデンウィーク前日に帰省を即断した事が良き判断だったことを思った。

いきなりで申し訳なかったが妻には育児から離れ一人になる時間を持たせることができた。犬看板については、少ない時間で効率良く回収する事が出来た。

福島県内は面積が広く市町村間を移動するのも大変だ。限られた時間の中では実家を拠点にして収集をする範囲は限界だと思った。県内の市町村すべての犬看板を回収するには、そのためだけの時間を確保して探訪すべきだと思った。

本宮市浪江町の犬看板に遭遇した時は驚いた。汚れもなくとても新しい看板に見えたが、よく見ると下側に陥没した箇所が何点か確認できた。留め金か何かで看板を挟んでいたのかではないかと推察すると、看板の立て方を変えたか、或いは何処かに括りつけられていた看板を移動して持ってきたか。

2019年5月末現在も浪江町の一部は帰宅困難区域に指定されている。

今回の帰省は、僕が当初イメージしたいくつかの思惑を十二分に達成できた時間になった。そして結局ビールを控える事が出来なかった事をここに記す。

 

f:id:jet-shirei:20190609140244j:plain

(N暗K太・イラスト)

 

<特別編・その9>へ続く

いぬの看板<特別編・その7>

<特別編・その7>

(N暗K太・著/『ある探訪記のための習作』より)

 

f:id:jet-shirei:20190607011224j:plain

 

探訪記5

 

【探訪日】2019年5月1日

【市町村】福島県大玉村


村のキャッチコピーは「小さくても輝く 大いなる田舎 大玉村」である。

大玉村に何かある?と聞かれたら、答えは「PLANT-5」一択だ。ここは食材や衣服などあらゆる日用品が揃う大型スーパーである。売り場の面積だけで5,000坪を超え、建物は平屋で二階がないのが特徴だ。端から端まで歩くとちょっとした運動になる。

僕はずっとパチンコ屋みたいな名前だなと思っていた。ペルーにあるマチュピチュ村の初代村長・野内与吉は大玉村出身である。村内に野内与吉資料展示室がありマチュピチュ村の歴史と大玉村との関わり合いを知ることができる。

さて、SKPからの帰り道。行きとは別ルートの山道から大玉村中心地を経由して福島市へ帰る。大玉村役場を目指す道中、農業用水路の道端で犬看板を発見。(写真10国見町本宮市と同じ犬のイラストだ。色が褪せて照れ臭さが無くなり、申し訳なさが伝わってくる。

年月を重ねると犬看板の印象が変化するのも面白い。

 

f:id:jet-shirei:20190607011551j:plain

(写真10)

 

<特別編・その8>へ続く

いぬの看板<特別編・その6>

<特別編・その6>

(N暗K太・著/『ある探訪記のための習作』より)

 

f:id:jet-shirei:20190607010315j:plain

 

探訪記4

 

【探訪日】2019年5月1日

【市町村】福島県本宮市

【施設名】スマイルキッズパーク(愛称:プリンス・ウィリアムズ・パーク)

 

本宮市に向かう車内で母は「本宮市は、最近若者が多いんだって」と呟いた。この探訪記を書くにあたって本宮市について調べると2009年から住みやすさ県内No.1を10年間維持している事が分かった。(※3)

市のホームページは写真も伝わりやすいものを選んでいて、どのページに飛んでも簡潔で分かりやすい作りになっている。今風だ。今回僕が訪れたスマイルキッズパークはトップページに掲載されており、すぐに市のアピールポイントなのが分かる。

SKP屋内砂場で使用される「ダンシングサンド」は砂の粒子が細かくしっとりしているため固まりになり易い。感触は砂に近いが質は粘土に近い。屋内施設と屋外の公園を行き来するトンネルの入口には大木のオブジェがあり内部は洞窟さながら。探検している気持ちになる。

福島市からは国道4号線を南下する。二本松市大玉村を過ぎ本宮市街地に入ると所々で犬看板を見ること出来た。イラストは全て国見町でも見られた照れ顔の犬だ。(写真8)

SKPへと続く一本道の道中、白沢グリーンパークという野球場の入口付近で思わぬ犬看板と遭遇した。福島県浪江町の犬看板だ。(写真9)ミッキーマウスを連想させるその風貌は、アジアなどで見る偽物感はなく、目も正常でハニカミにも偽りはない。これはオリジナルだろう。

 

※3 住みよさランキングは、東洋経済新報社が公的統計を基にそれぞれの市区が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたものだ

 

f:id:jet-shirei:20190607010540j:plain

(写真8)

 

f:id:jet-shirei:20190607010626j:plain

(写真9)

 

<特別編・その7>へ続く

いぬの看板<特別編・その5>

<特別編・その5>

(N暗K太・著/『ある探訪記のための習作』より)

 

f:id:jet-shirei:20190606000409j:plain

 

探訪記3

【探訪日】2019年4月30日

【市町村】福島県国見町

 

国見町は、福島県の最北端にあり、宮城県との県境にある町だ。イコーゼ!から車で国道4号線を10分ほど北上したところで国見町のマスコットキャラ・くにみももたんが「国見町へようこそ」と歓迎してくれた。

JR藤田駅を目標にしながら車を走らせる。坂道が続く沿道に菜の花の群生がある。強い風が吹いた。群生が途切れた場所に照れ顔の犬看板を発見。(写真6)よく見るフリソ系の看板だ。

坂道を登り切ると宮崎駿監督作品・もののけ姫に出てくるシシ神様風の犬看板を発見。(写真7)此方もよく見るフリソ系だが得体の知れなさ感が目を惹く。住民が寝静まった頃に看板を抜け出し、半透明の巨大なデイダラボッチの姿に変態し町を歩く様を空想する。

桑折町の犬看板回収と合わせてここまで30分弱か。宮城県白石市まで足を伸ばそうと考えたが目的は達したので無理せず子供達の待つイコーゼ!に戻った。

 

f:id:jet-shirei:20190606000646j:plain

(写真6)

 

f:id:jet-shirei:20190606000737j:plain

(写真7)

 

<特別編・その6>へ続く